コンテンツへ移動

レコメンドエンジンの効果

HOMEレコメンドエンジンの効果

レコメンドエンジンの効果レコメンドエンジンの導入は、コンバージョン率のアップに繋がるでしょう。レコメンドとは、例えばECサイトなどで、ユーザーが選んだ商品に関連する商品を見せることで、興味を促し同時購入などに繋げる手法です。分かりやすいものですと、Amazonサイトで使われているような、「この商品を購入した人はこんな商品も見ています」と、表示される部分などがそれに当たります。

レコメンドエンジンの最も効果的な部分としては、購入ユーザーへ「他にもこんないい商品がありますよ」と提案できるところにあり、例えば商品を探し商品ページで購入を検討した場合、検討の末「やはり、いらない」となることもあると思います。しかし、レコメンドエンジンの使用により、購入しようというウェブページへ、同じような商品を並べることにより、今見ている商品を買わなくても、提案した商品を買ってくれる。といった可能性が生まれるのです。

購入する可能性が高いユーザーを逃さない

商品購入ページまで来たユーザーは、購入する気持ちの高いユーザーであると言えます。商品ページで商品の詳細を調べ、そぐわない場合に商品購入を断念しますが、まだそのユーザーの知らないもっといい商品を、そのページ内で提案できたらどうでしょうか?ユーザーは、気になっている商品であるため一応「見てみる」という行動に移る確率は捕縄に高いと言えるでしょう。そうすることで、「今探していた商品よりも便利だし、値段もそんなに変わらない」という感想を持ってくれた場合、購入の可能性は極めて高いものとなります。

レコメンドエンジンの導入は、商品購入を断念したユーザーへ新たな商品の購買意欲を湧かせる、最良の方法といえるでしょう。また、商品を購入した際に、関連した商品、一緒に揃えておくと有効な商品の提案が出来ている場合、その商品と共に、関連商品(その商品のアクセサリなど)を同時購入する可能性も生み出すことが出来ます。

ユーザーは「どうせ買うのなら便利な方がいい。」という心理で、購入します。その心理を刺激し、様々な商品を提案できるレコメンドエンジンは、多くのECサイトにおいて、導入して損のない、効率的な方法であると言えるでしょう。

その効果実証ですが、ある企業にて、自社のサービスへレコメンドエンジンを導入した結果、コンバージョン率が平均1.2倍、日によっては1.4倍へ上昇したという結果も出ています。それまで、購入を断念したユーザーを逃さず、確実に購入に結びつける事が出来ているといって良いのではないでしょうか?

現在も、購入するであろうユーザーをもしかしたら、逃している最中かもしれません。それは、とても勿体ないことです。現在では、SEO対策などを行い、自社サイトへ集客を集める手法が当たり前のように行われており、それに経費を投じている以上、集めて終わりではなくそのユーザーでどれだけコンバージョン率を上げるかと言うところが、本当に重要な部分ではないでしょうか?

数あるウェブサイトの中からせっかく自社のサイトに行き着いたユーザーです。逃さず確実にものにする事が大切です。

Page top